TOP / 新着情報 / 身近な消防設備を見直し、万が一のためにしっかり備えましょう
2021.08.13
身近な消防設備を見直し、万が一のためにしっかり備えましょう

万が一の際の火災に備えて、消防法は様々な防火対策について細かく定めています。

消防署の定期的な点検が入る場合も多く、ご存じの方も多いのではないでしょうか。

建物は火災に備えて、消防設備を備えておく必要があります。

こうした設備に関しても細かい点検に関する決まりがあります。

今回は身近な消防に関する点検についてご紹介します。

 

 

消防に関する設備

建物を管理する上で、消防に関する設備はしっかりと備える必要があります。

「消防用設備点検等」と呼ばれる点検はポピュラーな点検です。

この点検は防火対象物と呼ばれる建物に義務付けられています。

防火対象物とは一戸建ての住宅以外はほぼ該当しており、

マンションやアパートは防火対象物に該当します。

こうした建物には消火器・火災報知機などを備える必要があります。

不備がある場合は改善を行う必要があり、改善を行ったうえで報告をする義務もあります。

点検を行う際には資格が必要で、消防設備士や消防設備点検資格者などの資格が必要です。

複数の建物を所有する場合、オーナー自身でこうした管理を行うことは大変な労力となります。

そのため、法令遵守の視点で行う点検、設備の管理や修理などを外注することがおすすめです。

必要な工事や設備修理も委託できるので、年々消防設備に関する外注は加速化しています。

建物の点検に関しては「防火対象物点検」と呼ばれる点検もあります。

この点検は、ビルやマンション管理者向けの点検で、

年に1回は点検と報告を義務付けているものです。

避難経路の確認や救援の準備など、万が一の際の具体的な行動を整える点検です。

飲食店なども該当しているので、幅広い建物が該当します。

こうした点検は有資格者である「防火対象物点検資格者」に外注すればスムーズに完了します。

建物を火災に備え、万が一の際に犠牲者を出さず、スムーズに消化することは大変重要です。

義務を怠らず、専門の知識と資格を持つプロに点検を確認してもらいましょう。

また、消防署からの通知は放置せず、不明な点があればスムーズに専門業者へ相談しましょう。

建物や設備の定期点検は一回単位での依頼も可能ですが、

費用や報告書作成の負担を考えると包括的な契約がおすすめです。

 

 

まとめ

火災に備える点検は、実施をしないと厳しい罰金や拘留があります。

設備や避難経路の確認は定期的に行う必要があり、疎かにしないことが大切です。

しかし、設備の設置や点検は資格が必要で、徒労感のある作業です。

そこで専門のプロに依頼をし、安全へのサポートを導入しましょう。

 

大阪府の防災・消防設備の点検、メンテナンスは株式会社中田防災にお任せ下さい。

会社名:株式会社中田防災

住所:〒579-8035 大阪府東大阪市鳥居町2-17

TEL:072-940-7827(固定) / 090-3629-1467(直通) 
FAX:072-940-7828

営業時間:9:00~17:00 ※メールは24時間対応 定休日:不定休

対応エリア:大阪府を中心に関西全域、全国対応可能

業務内容:消防設備点検、メンテナンス、消防設備工事、消防訓練、消防設備機器販売

Copyright © 株式会社中田防災 All Rights Reserved.