TOP / 新着情報 / 防災防火に欠かせない消防設備の工事や点検について解説
2021.07.09
防災防火に欠かせない消防設備の工事や点検について解説

火災及び災害が発生した際の被害を最小限におさえる防災目的の消防設備は、

建物や施設に設置しなければいけない義務があります。

消防法のもとに設置する必要があるため、消防設備は必須です。

消防設備は、専門業者の工事によって設置されるのが一般的です。

そこで消防設備の工事や点検について解説します。

 

▶︎防災防火に役立つ消防設備

消防設備は、火災や災害の被害をおさえるのに役立つ設備です。

初期消火には欠かせない消火器はもちろんのこと、それだけでは対応できなかった時のスプリンクラーや、

火災を知らせる自動火災報知設備などが該当します。

専門業者が消防設備を設置する場合、建物や必要に応じる形で設計や施工や工事などがおこなわれます。

また消防法に基づいて設置しなければいけないため、正確で適切な作業が求められます。

防火対象物のことをきちんと把握し、もしもの時に人が避難しやすいように設計しなければいけません。

専門業者の工事には、高い技術力が要求されます。

 

▶︎消防設備を設置した後は点検が必要不可欠

消防設備は、建物に設置したらそれで終わりではありません。

設置後に防火を管理する上で必要な設備は、

一定期間ごとに定期的に点検して所轄の消防署に報告する必要があります。

場合によっては資格保有者による点検が必要ですので、その点をよく気をつけないといけません。

点検はさまざまな項目ごとにおこなわれます。

正常に作動するかどうかの作動点検や機能点検、設置位置や外観をチェックする外観点検があります。

消防設備が正常かどうかを、点検によって確認します。

 

▶︎消防設備の工事を依頼する専門業者の選び方

消防設備の工事を請け負う専門業者はいくつか存在しますので、選び方を心得ておきましょう。

まず注目したいのは施工実績です。

スプリンクラーや避難に役立つ自動火災報知設備などの施工実績が豊富な専門業者なら、

安心して任せられます。

また工事の料金が適正かどうかも、専門業者を選ぶ時に意識しておきたいポイントです。

やはり適正料金のもとに工事してくれる専門業者なら信頼できます。

さらに対応の良し悪しも含め、総合的に判断して専門業者を選びましょう。

 

▶︎まとめ

防火対象物を火災などの災害から守ってくれるのが、消防設備の役割です。

建物にとって非常に重要な設備ですから、消防設備を欠くわけにはいきません。

また消防設備の設置後は、点検をおこなう必要があります。

実績のある専門業者を選び、安心できる消防設備を設置しましょう。

 

大阪府の防災・消防設備の点検、メンテナンスは株式会社中田防災にお任せ下さい。

会社名:株式会社中田防災

住所:〒579-8035 大阪府東大阪市鳥居町2-17

TEL:072-940-7827(固定) / 090-3629-1467(直通) 
FAX:072-940-7828

営業時間:9:00~17:00 ※メールは24時間対応 定休日:不定休

対応エリア:大阪府を中心に関西全域、全国対応可能

業務内容:消防設備点検、メンテナンス、消防設備工事、消防訓練、消防設備機器販売

Copyright © 株式会社中田防災 All Rights Reserved.