TOP / 新着情報 / 防災訓練や避難訓練の必要性を再確認しよう!
2019.01.25
防災訓練や避難訓練の必要性を再確認しよう!

防災訓練や避難訓練は、なぜ必要なのでしょうか。

「訓練はしょせん訓練でしかない」

「いくら訓練をしてみても、実際に災害が起こったら役に立つかは分からない」

といった声もあると思います。

しかし、実際に災害に見舞われるまで何もしないというのでは、いざというときに困ります。

頭では分かっているつもりでも、実際に行動をしてみないと分からないことも色々あります。

災害が起こってから、消火器を探して使い方を調べるのと、

訓練をしておいて、消火器がすぐに使えるのとでは、

実際に消火活動を始めるまでの時間に大きな違いがでるのは、

想像しなくても分かると思います。

★防災訓練、避難訓練の必要性

防災用品というのは、普段は使わないものです。

どこにあるのか、どうやって使うのかを確認しておかないと、

咄嗟のときに使うことができません。

また、防災用品が耐用年数を超えていないかの確認も必要です。

意識的にやらないと確認する機会がありませんから、

こういったことを確認する機会としては、防災訓練や避難訓練が一番なのです。

また、避難場所や、避難経路の確認も、

実際に訓練しておかないと、分からないことが沢山あります。

避難場所までの地図を見て分かったつもりになっていても、

実際に歩いてみると意外に遠かったりすることがありますし、

避難経路の途中に急な坂があったりすることもあります。

実際の災害の場面では、お年寄りや病人、ケガ人を連れて非難する可能性もあります。

避難場所まで自分の足で歩いてみる、実際に行ってみることが非常に重要なのです。

さらにいえば、お年寄りや病人に限らず、

実際の災害が起こったときに大切なのは、周辺の人との助け合いです。

特に都市部では、人間関係が希薄な地域が多くなっています。

防災訓練や避難訓練を通じて、周辺の人々との関係を少しでも強めておくことが、

災害が起こったときに、大きな助けになります。

★訓練には積極的に参加しましょう

防災訓練や避難訓練は、小学校や中学校のときには、

多くの人が参加した経験があると思います。

会社で訓練を行っているところもあるでしょう。

こういった機会には、是非、積極的に参加して、

防災に関する知識を深めてください。

最近では、少なくなりましたが、

地域での防災訓練、避難訓練を行っているところもあります。

こういった地域の訓練にもできるだけ参加しましょう。

学校の場合は先生が生徒を指導しますし、

会社でも普段から指揮命令関係があります。

これに対して、地域では、誰かが指揮をしてくれるとは限りません。

いざというときに、各自がバラバラに行動すると、

効率的な避難活動ができない危険もあります。

訓練によって、各自が何をすればいいかを把握していれば、

避難活動の効率が格段にアップします。

自分や家族の身を守るために、防災訓練、避難訓練には、

積極的に参加するようにしてください。


Copyright © 中田防災 All Rights Reserved.