消防設備工事

消防法にもとづき、各種消防設備の設置・改修工事を行います。
消防設備は、緊急時に作動するよう設置後も定期的にメンテナンスを行い、長年設置され劣化した消防設備は、取替えや改修工事をする必要があります。

当社は、消防法を遵守し必要な工事を徹底して行います。

このようなことがあれば改修・メンテナンス工事を行います

■定期点検の結果、消防設備に不具合や不良箇所が見つかった場合
■間取りやパーテーションの変更などにより、消防設備を新たに設置または移動する必要がある場合
■設置している消防設備が、何らかの問題により消防法により失効となった場合
■消防法の改正により、既に設置している消防設備を変更または新しい設備へ変更する必要がある場合
■所轄の消防署からの指導などで改修工事が必要になる場合

一覧に戻る

▲TOPへ