消防訓練

一定以上の人員を収容する建物や事務所・店舗などでは、消防訓練が義務づけられています。いざという時、パニックを起こさず安全かつ確実に避難できるよう日頃から備えておきましょう。

消防訓練は、通報訓練、消火訓練、避難訓練の3つに分かれ、建物の規模や用途、収容人数などに応じて行います。

まずはお客様のご要望をしっかりとお伺いし、その上で現状に沿った消防訓練を計画から実施、改善指導までトータルでお手伝いいたします。

当社では、地域の方々とのコミュニケーションを大切にしています。お声がけいただければ、喜んで地域の防災訓練に参加させていただきます。

消防訓練の内容

■通報訓練
消防隊への119番通報の仕方を訓練します。
■消火訓練
火災の初期段階で行う消火器や消火栓を使った消火方法を訓練します。
■避難訓練
避難経路を使って安全に非難できるよう訓練します。

一覧に戻る

▲TOPへ